KUSUBURU?

岩井明人(左) 宿運営・調理担当・ KANABUN CREATIONS所属
2015年に神奈川県から移住
2011年東北大震災のボランティア活動を機に、地域・環境など社会問題に興味を持つ
大学卒業後農業研修の地として選んだ隠岐の島に惹かれ、住所を移し、旅人や若人が滞在できるようにとゲストハウスを開業

岩井麻美(右) 宿管理・エステ担当・YOKOHAMA CATS所属
2018年に東京都から移住
横浜ビューティアート専門学校エステ科卒業後、東京青山のフェイシャル専門のエステサロン・横浜馬車道でリラクゼーションマッサージを経て、隠岐の島へ。
生まれ育った都会と隠岐の島のギャップに戸惑い、旦那のわがままに振り回されつつ、隠岐の人に支えられ生活。

移住・短期移住・心の移住くすぶり相談のります。

私たちは都会から隠岐の島に移住しました。
移住するつもり、というか【移住】というワードさえ隠岐の島に来るまで口にしたことありませんでした。
島で農業研修しようと思っていただけなので、まさかです。
なぜこんな私たちが移住までに至ったかというと、島の人たちの暖かさや厳しさ、優しさを真に受けたから。
受けた恩はとんでもない大きさです、何か私たちにできないか。
今までの放浪の旅が【観光発展途上】のこの島で何か役を担えるのではないか。
そしてゲストハウス開業を選んだのです。
都会にいては燻っていただろうが、なにかのきっかけ(私の場合は隠岐の島で受けた恩)で炎上させていただきました。
さて、移住したい、今の環境を変えたいという心の燻りがある方。
近くに移住した人がいない、ネットを見てもどれが本当かわからない。移住支援金とかってあるの?
私たちが感じたこと、知っていること、お話しできます。一日一人限定で心の燻り相談のっています。

みなさんが日々最高の時間を過ごせますように。          GOOD TIME案内人 岩井明人

日程の調整をしますのでこちらのメールアドレスに入力してください。確認出来ましたら返信させていただきます。
info@kusuburu-house.com